アニメ・コミック

久しぶりに小説を読みました

買ったはいいけれど読んでいない小説が沢山あり漫画は読むけれど小説は読まなく久しぶりに読む気になったので小説を読みました。

漫画やアニメは簡単に見ることができ動きなどが容易にわかります。しかし小説は文字だけなのでその人物がどういう動きをしたとか自分で想像するしかありません。

しかし小説はその時の人物の考えなどが詳しく書かれており漫画などを見ているだけでは分からないことがあります。

自分が今でも覚えているのはガンダム0083で奪われたガンダム2号機を探索いていてコウとキースとモンシアの小隊で敵と交戦している時ガンダムに乗っているコウに突破口を開けとモンシアが言い嫌ならガンダムを降りろと言われてコウが突貫しますと言い見事事態を打開しその事がきっかけでモンシアに認められ今まではヒヨッコとか言われちゃんと扱われていなかったのがウラキ少尉と名前を呼ばれるようになりました。

その時にキースが笑っているシーンがアニメにはありましたが初めはなぜ笑っているのかわかりませんでしたしかし小説を読むことでコウの名前をちゃんと名前を呼んだことがうれしくて笑っていたということが分かりました。

大抵読むのはファンタジー系の小説でジャンルは色々読みます。読んでいて面白いのはすらすら読んでいきますがガンダムの小説は難しく哲学的なことがでできて共感できるところも沢山ありますがやはり難しくなかなか読み進めることができません。でもガンダムは好きなので全部は読んでいませんが5か6シリーズ読みました。

まだ読んでいないのが4、50冊はあるので地道に読んでいきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)